リフォームしたキッチン

自然素材

ステキなリビング

リフォームの際に最適な建材が、自然素材です。
自然素材とは、人にも環境にも良い住宅作りと言われています。
木材はもちろん、土や漆喰、大理石などといった建材となります。
リフォームの際、どこをリフォームするかによって使用される建材は異なりますが、一般的に使用されているのが合板や接着剤です。
合板や接着剤が住宅作りの際に使用されると、化学物質となるため、シックハウス症候群を発症する可能性があります。
これは体質によって異なり、身体に症状が現れない人もいれば、アレルギー体質で症状が出やすい人もいます。
喘息や持病などの悪化に繋がることもあるため、リフォームをする際はどういった建材を使用するかを決めておくことも大切です。

フローリングに合板を用いる場合、伸縮性がないため長持ちすることはできますが、接着剤が必要不可欠で気候に対応することができないという性質もあります。
自然素材を用いた住宅作りの場合は、断熱効果や調湿効果があるため、夏の暑い季節や冬の寒い季節に上手く対応することができます。
そのため、室内にいても快適に過ごすことができます。
土や漆喰は、日本では以前から住宅作りに用いられたものとして存在しています。
室内の環境に良く、デザイン性があるため、今では世界中から土や漆喰を使った住宅作りが注目されています。
大理石や御影石は有害物質が含まれておらず、石そのものの素材を活かした住宅作りとなっています。
玄関やリビングなどに取り入れられていることが多く、高級ホテルや旅館などでも取り入れられています。