リフォームしたキッチン

テーマを決める

ダイニングスペース

リフォームをする際に多い理由が、高齢者との同居です。
高齢者となると、階段の昇り降りが辛くなります。また、トイレや浴室に高い段差がある場合や床が滑りやすい場合、高齢者が転んで怪我しやすくなります。
こういったことを避けるために、高齢者が住みやすい住宅にデザインすることができます。
住宅を新築で作る際、こういった老後のことも考えた住宅を作ることでいつまでも快適な暮らしをすることもできます。
フローリングからトイレの境目の段差が低く広々とした空間を取り入れ、掃除後のトイレでも滑りにくい素材を取り入れることで、高齢者が快適に使用することができます。
浴室も高齢者が滑らないような素材を使用し、手すりなどを付けると快適に浴室を使用することができます。
また、床下からユニットバスに移動する際の段差もなくすことで、高齢者も浴槽でお湯に浸かることもできます。
高齢者が快適に過ごしやすい空間にリフォームすることで、高齢者だけでなく家族も快適に過ごすことができます。

高齢者用に住宅をリフォームする場合は、高齢者の身体機能によって変わります。
歩行が可能か、車いすが必要か、などに応じてリフォームを行わなくてはいけません。
歩行が可能な場合でも、足腰を痛めていることも多いため、手すりの高さを合わせる必要があります。
こういったように、高齢者用にリフォームをする場合は、高齢者に合わせたリフォームをすることが必要なため、介護士や家族で相談し合いながら住宅作りをしていきましょう。